MENU

キャッシングの利用による借金相談

借金相談の内訳で多いのはキャッシングによる借金ですが、キャッシングというのは消費者金融や銀行、信販会社が提供しているローンサービスの一種で、消費者金融のサラ金と根本的な仕組みは一緒になっていますが、昔に比べるとキャッシングの利便性はかなり向上しており、キャッシングの利便性が向上するに伴って、借金をする人が増加しました。
ちなみにキャッシングは通常のローンと違って、どのような目的でお金を借りても良いフリーローンと呼ばれるローンの一種となっていますが、通常のフリーローンが最初にまとまったお金を借りて、後は返済に徹するだけのローンであることに対して、キャッシングの場合はいつでも好きな時にあらかじめ決められている借り入れ上限金額内であれば、お金を借りることができるようになっています。
こうした借り入れの利便性が借金を増加させている起因と言われており、特にキャッシングはインターネットを利用して簡単に申し込むことが可能で、金融機関によっては申し込みから一時間以内にお金を振り込んでくるようなところもあるため、あまり借金をしているという感覚がありません。
もちろんキャッシングも立派な借金なので、借りたお金は金利分も含めてきちんと返済する必要がありますが、キャッシングでお金を借りていると自分の普通預金口座の中からお金を引き出しているような感覚になることがあるので、こうした錯覚に惑わされないことも大事です。

 

クレジットカードの利用による借金相談

インターネットが普及してからしばらくの間はインターネットの通販サイトと呼ばれるサイトはあったものの、通販サイトで何かを購入した場合に支払いは銀行振り込みや代引きがメインなので、通販サイトを利用する場合は入金の面でかなり面倒でした。
しかし、最近ではクレジットカード支払いに対応するところが増えたこともあって、昔に比べると通販サイトで購入した商品の支払いが簡単に行えるようになりましたが、インターネットの通販サイトに限らず、公共料金の支払いや税金の支払いなどあらゆるシーンでクレジットカード払いが可能になりました。
クレジットカードは後払いシステムとなっているので、クレジットカードを使って買い物をしても、その請求が来るのは翌月や翌々月になるのが普通ですが、そのためクレジットカードをついつい使い過ぎてしまって、クレジットカードの請求時に高額な請求がきてしまい、そのお金を返すことができずに借金となってしまう場合があります。
借金相談でも多いクレジットカードの使い過ぎによる借金ですが、この場合はクレジットカード会社に依頼することで返済回数を変えてもらえる場合があるので、まとまったお金が払えないのであれば、短い返済回数ではなくできるだけ返済回数を増やして、一回に支払う返済額を減らすことをおすすめします。
しかし、それだけ金利の支払いが増えるということにも繋がってくるため、注意する必要があります。

 

住宅ローンの利用による借金相談

住宅ローンの金利が過去最低水準となっている中、今が住宅の購入時期として最適だと言うことで、消費税の増税もあり住宅の駆け込み需要が増えましたが、住宅を購入する場合に組む住宅ローンは返済年数が30年を超えてくることも珍しくなく、住宅を購入してから住宅ローンの返済が始まってしまいます。
今が住宅ローンの金利が最低水準であったとしても、今後10年先、20年先はどのような住宅金利になっているかはだれも分からないので、もしかすると10年先、20年先は今の世の中では考えられないくらい好景気となり、それに伴って住宅ローンの金利もかなり高くなっている可能性があります。
こうした景気変動リスクに弱いというデメリットが住宅ローンにはありますが、住宅ローンは返済年数が30年を超えていても、元の金額が数千万円以上と高額になっているため、毎月の返済額はかなりの金額になる場合が多く、10万円の支払いが必要になることも珍しくありません。
また、住宅ローンを利用する場合は住宅を購入した時点での収入に応じたローン設定をすると思いますが、住宅ローンを返済するまでに転職などで収入が減る可能性もゼロではなく、収入が減ってしまうと住宅ローンが返済できなくなることも考えられます。
住宅ローンの借金相談も多く行われていますが、住宅ローンの場合は返済回数を増やしてもらうといった方法で毎月の返済にかかる負担を減らしてくれる場合もあるので、まずはローンを組んでいる金融機関に相談をしましょう。

 

マイカーローンの利用による借金相談

住宅の次に高価な買い物と言われているのが自動車ですが、日本は車社会と言われているように、自動車が日常生活において欠かせない乗り物となっている家庭も多くありますが、特に都市部から離れた地方になると公共交通機関の便が悪いため、より自動車の必要性は高くなりますが、最近では一家に一台ではなく、一家に人数分の車が置かれている家庭も増えてきています。
自動車を購入する場合はマイカーローンと呼ばれるローンでお金を借りて自動車の購入をするのが一般的となっていますが、マイカーローンは総量規制の対象範囲外となっています。
年収の3分の1を超える借り入れと制限されないので、欲しい自動車が比較的容易に購入することができるようになっていますが、総量規制を無視した借り入れになるため、当然ながら毎月の返済にかかってくる負担は大きくなり、人によっては借金相談が必要になるくらい借金の程度が重たくなってしまう場合があります。
マイカーローンの借金が返済できなくなった場合は債務整理などの方法を取るのではなく、乗っている自動車を売却することをおすすめしますが、債務整理になってくるとどちらにしても自動車は没収の対象となってくるため、任意売却して少しでも借金を減らすようにしましょう。
また、マイカーローンを利用している金融機関の借り入れ先を変えることによって金利や返済回数が変わり、毎月の返済にかかる負担を軽減することも可能となっています。

 

ヤミ金融を利用することによる借金相談

いろいろある借金問題の中でも、最も借金相談の内容が重たいのがヤミ金融を利用してしまった場合の借金相談ですが、ヤミ金融を利用してしまうと法外な金利の貸し付けに始まって、執拗な取り立てや催促の嵐になってくるため、できるだけ早く借金相談をして現状をどうにかする必要があります。
ちなみに、ヤミ金融というのは賃金業者としての登録を受けていない金融業者のことで、法外な金利でお金を貸し付けていることに加えて、無許可でお金を貸し付けている業者なので、その存在自体が処罰の対象となっています。
しかし、上手い具合に法律の盲点を突いて法律の包囲網をくぐり抜けるのがヤミ金融で、昔に比べるとヤミ金融に対しての処罰は強化されているにも関わらず、違法に貸し付けを繰り返しているヤミ金融はたくさんいると言われています。
こうしたヤミ金融の背景には暴力団が絡んでいることも珍しくないため、借りたお金が金利を含めて返済できないのであれば、身の危険を考えた場合に借金相談をすることをおすすめしますが、できれば借金問題をこれまでにたくさん解決してきた法律事務所をおすすめします。
ちなみにヤミ金融を利用している人の中にはヤミ金融と知っていて利用する場合とヤミ金融と知らないで利用している人がいますが、お金を借りている金融機関がヤミ金融と知らずに利用してしまっている場合は知らない間に借金の金額がどんどん増えている状態になっている場合があります。

 

身内からの借金相談

借金相談の多くは金融機関からお金を借り入れたことによる相談となっていますが、中には身内との借金で借金相談をするケースもあり、金融機関からお金を借りた場合は必ず返済しないといけないお金であるということが分かりますが、身内との借金問題の場合は法的な書類が無いと借金の返済義務が無くなるため、借金問題のトラブルが複雑化して長期化する場合があります。
身内との間で行われた借金でトラブルになる原因としては、口約束で借金の期日や返済方法を決めたことによるトラブルが多くなっており、本来なら身内で借金をする場合は貸すという感覚ではなく貸したお金は返ってこないと覚悟した上で貸すくらいの気持ちは大事です。
もちろん、口約束だったとしてもお金を貸してもらった側はきちんと返済しないといけませんが、借金に関するトラブルは身内ほど泥沼化してしまう傾向にあるので、少しでも借金に関するトラブルが起こるようになった場合は法律事務所や弁護士に相談をして問題の解決方法を提示してもらいましょう。
身内での借金問題ほど悲しいことはありませんが、一度発生した問題を放置してしまっているとどんどん問題は泥沼化していくことになるので、身内の問題であっても外部の機関に依頼することは大事なことです。
借金相談は無料で行っているところも多いので、お金に余裕が無いようであれば、こうした無料相談の利用をおすすめしますが、相談がスムーズに進むようにあらかじめ相談内容は決めておきましょう。